愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違いは?どちらがいい?

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違いは?どちらがいい?

この記事では、愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違いについて解説しています。

「動物とかかわる仕事がしたい」

「動物関係の資格に興味がある」

「ワンちゃんの適切な飼い方を学びたい」

など

動物が好きで資格を取りたい!

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士があるのはわかったけど、違いがわからない・・・。

って方は参考にしてみてください(^^)

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違いは?|どちらがオススメ?

ココがポイント

愛玩動物飼養管理士:知名度が高くトータルで費用が抑えられる

愛犬飼育管理士:ドッグトレーナーになりたい人などに人気があるが年会費がデメリット

愛玩動物飼養管理士は、受講者数も多く採用校もあり知名度が高い資格です。取得することで動物取扱業の要件の1つを満たせます。取得には4万円かかりますが、一度取ってしまえば以後費用がかかりませんので、取得する価値があります。

愛犬飼育管理士は、名前からもわかる通り、ドッグトレーナーになりたい人や犬を飼っている方から人気の資格です。動物取扱業に対応するため2021年度からは犬、猫、その他の動物の解説が増えたテキストになりました。取得後も年会費がかかるのが、デメリットです。

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違い|一覧とポイント解説

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の違いについて解説します。

まずは一覧で確認↓

愛玩動物飼養管理士 愛犬飼育管理士
動物取扱業 なれます なれます
就職・転職 役立つ 役立つ
費用 4万円 2万4200円
更新費用 0円 3000~4000円
知名度 かなり高い 高い
合格率 80%程度 80~90%程度
難易度 やさしい やさしい
勉強方法 通信講座 講座受講
勉強期間 6ヶ月ほど 短め

 

次に、ポイントについて解説していきます↓

資格を目指す目的の違いは?

どちらも動物取扱業の要件の1つを満たします。

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の両方とも動物取扱業の要件を満たす資格です。

※要件を満たすかは都道府県によっては違う場合がありますので、確認しておきましょう。

動物取扱業の中で、販売、保管、貸出し、訓練、展示、(競りあっせん、譲受飼養)をどれも満たしますので、資格を取ることでできる仕事の幅が広がります。

動物取扱業になるには、実務経験なども必要です。

愛玩動物飼養管理士はペット共生住宅管理士にもなれる

愛玩動物飼養管理士を取得すると、ペット共生住宅管理士の受験資格を得られます。

ペット共生住宅管理士は、ペットと人が快適に暮らすことを学べる資格です。

ペットと暮らすお家を建てるお仕事や賃貸するお仕事などに役立つ資格になりますので、不動産業や賃貸業などで役立ちます。

就職や転職で有利になる

動物関連のお仕事で有利

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士の両方とも動物取扱業になれますので、動物関係のお仕事で有利です。

ペットショップやトレーナーなど動物関係の会社に就職や転職する場合、自分で独立してお店を開く場合にも活用できます。

費用の違い

取得費用が安いのは愛犬飼育管理士

けれど、年会費がいります。

愛玩動物飼養管理士の取得費用は、合計4万円かかります。

受講受験料32,000円
認定登録料8,000円

継続費用などはありません。一度取得すれば、ずっと有効です。

 

愛犬飼育管理士の取得費用は、合計2万4200円です。

入会金2,000円
会費1年分4,000円
会員証写真プリント代500円
資格登録料金として3,400円
受講料 7,300円(テキスト代含む)
試験受験料 7,000円

愛犬飼育管理士の資格は非会員でも受験できますが、合格した場合は愛犬クラブに入会して資格登録が必要です。

会員として継続費用1年ごとに4000円がいります。前納割引制度を活用すると、2年目以降が毎年3000円になります。例えば、会費1年目4000円2,3,4,5年目3000円だとすると、合計1万6000円必要になります。

取得・維持費用を比べると、愛玩動物飼養管理士4万円は、愛犬飼育管理士5年目で40200円となり、5年目で同じぐらいの費用になります。

更新費用あり、なしの違い

愛玩動物飼養管理士は更新費用はなし

愛犬飼育管理士は会員として継続費用がいります

愛玩動物飼養管理士は取得費用のみで、更新費用は0円です。取得すればずっと有効です。

一方で、愛犬飼育管理士は年会費が4000円、割引制度活用で2年目以降3000円が必要です。

知名度の違い

愛玩動物飼養管理士はメジャーで知名度が高いです。

愛犬飼育管理士も有名です。

愛玩動物飼養管理士の非常に知名度が高いです。
資格を持っている人は、およそ20万人います。
養成指定校は29校、採用校85校ありますので、教育機関でも採用されている資格と言えます。

愛犬飼育管理士もペット業界では有名な資格です。
特にワンちゃんを飼っておられる方やドッグトレーナーを目指す方に人気です。
調べた限り、有資格者数は非公表です。

実施団体の違い

愛玩動物飼養管理士の資格実施団体は、公益社団法人 日本愛玩動物協会です。

愛犬飼育管理士の資格実施団体は、社団法人ジャパンケネルクラブ(JAPAN KENNEL CLUB)です。JAPAN KENNEL CLUBを省略して、JKCと呼ばれることもあります。

難易度や合格率の違いは?

愛玩動物飼養管理士の合格率は例年80%程度

愛犬飼育管理士の合格率は80~90%程度

どちらも合格率は高いです。

難易度としては、愛玩動物飼養管理士はカリキュラムに沿って真面目に勉強すれば合格するレベルです。

愛犬飼育管理士の難易度は、比較的やさしいです。多くの方が真面目に取り組めば合格できるレベルです。

勉強方法や勉強期間、カリキュラムの違いは?

ここでは、愛玩動物飼養管理士、愛犬飼育管理士の勉強方法や勉強期間、カリキュラム(勉強期間)の違いについて説明します。

テキストの違い

愛玩動物飼養管理士1、2巻

愛犬飼育管理士1冊

愛玩動物飼養管理士は2冊に分かれています。愛犬飼育管理士は1冊ですが、それなりに分厚いです。

どちらもしっかりした内容です。

勉強方法の違い

愛玩動物飼養管理士は課題報告問題が必須

愛犬飼育管理士は講習会が大事

愛玩動物飼養管理士は、テキストで勉強しつつ、時期が来たらスクリーニング(講習会)の動画を見て、課題報告問題を提出します。口コミ情報では、課題報告問題とテキストの両方を押さえておくと、高得点で合格できるようです。

愛犬飼育管理士も独自のテキストがあるので、テキストで勉強します。口コミ情報では講習会の内容が試験に出るというようなお話もありますので、真面目に講習会を受けるのは必須です。朝10時から15時まで講義、15時30分から試験です。

勉強期間の違い

愛玩動物飼養管理士は6ヶ月程度

愛犬飼育管理士は短い(?)

愛玩動物飼養管理士はカリキュラムに沿っておよそ6ヶ月程度学びます。講習会動画の受講と課題報告問題の提出は必須ですので、短期間で合格される方でも、そこはしっかり取り組みましょう。

愛犬飼育管理士は勉強期間などは公式発表されていませんが、ネット情報では短期間での合格もありうるようです。ただし注意が必要で、法律関係など複雑な部分もあるため当日の講義だけでは理解が追いつかない部分も出てきます。テキストを活用して相応の勉強期間を取りましょう。

勉強内容の違い

愛玩動物飼養管理士は犬、猫などの哺乳類、鳥類、爬虫類など幅広い

愛犬飼育管理士は主に犬学について学びを深めます

愛玩動物飼養管理士は内容が広めです。

一方で愛犬飼育管理士は主に犬について知識を深めていきます。けれども、2021年度のテキスト改訂版では、犬、猫、他の動物についても詳しくなりました。

結局どちらを選べばいい?

愛玩動物飼養管理士と愛犬飼育管理士どちらも動物取扱業の要件を満たします。

愛玩動物飼養管理士は知名度が高く長い目で見れば、費用が安くすみます。

愛犬飼育管理士は犬が好きな方が多く取得されている印象です。年会費がかかりますので、長い目で見ると費用面はネックと言えます。

愛玩動物飼養管理士になる方法

愛玩動物飼養管理士になる方法について流れを説明します。

  1. 資料請求して受講料の振込み
  2. スクーリング(講習会)を動画で受講、課題報告問題を提出する
  3. 認定試験を受けて認定登録

まずは、公益社団法人日本愛玩動物協会に資料請求します。

次に、申込みをしてカリキュラムに沿って勉強します。
動画で講習会を受けて課題報告問題を提出。

試験を受けて合格!

あとは登録手続きをすれば愛玩動物飼養管理士です。

愛犬飼育管理士になる方法

愛犬飼育管理士になる方法について流れを説明します。

  1. 受講受験申込み
  2. テキストで学習
  3. 同日に講習会、試験を受ける

まずは、受付専用サイトから受付期間中に申込みをします。

次に届いたテキストで学びます。

午前10時から会場にて講習会を受け、15時30分から試験を受けます。

約1ヶ月ほど合否を待ちます。

合格したら、入会手続きと資格登録をします。

-愛玩動物飼養管理士